メダリストⅡが購入できる通販サイト比較関連情報

HOMEコンタクトのケア用品について

最終更新日:2017/12/25

コンタクトのケア用品について

コンタクトレンズと眼鏡

購入を考えているメダリストⅡの比較をする際には、目的の商品であるメダリストⅡだけでなく、ケア用品についても比較をしてみるといいでしょう。コンタクトレンズのケア用品といっても、様々な種類があります。ケア用品によって色々な用途、特徴がありますので、メダリストⅡに合ったものや、自分に合ったものを選んでいくといいでしょう。

基本的にワンデータイプのコンタクトは、使用後は捨てるためケアを必要としません。ですが2ウィークタイプは一度使用する度にケアを必要とします。何故なら使用したコンタクトは細菌や微生物が繁殖することがあるためです。目から外したら消毒が必要になります。これを怠ってしまうと繁殖した細菌や微生物まみれになったコンタクトレンズを、再び瞳にあてることになります。これによって目の病気になってしまうだけでなく、最悪なケースになると失明に至ってしまいます。かといってコンタクトレンズの洗浄のために水道水を使うということもしてはいけません。アカントアメーバや雑菌がレンズに侵入する可能性があります。洗浄の際には必ずケア用品のものを使用しましょう。

近年ではコールド消毒と呼ばれる方法が広まっています。これは熱を加えずに薬品で消毒するマルチパーパスソリューション、そして過酸化水素による消毒方法です。これらのケア方法についてみていきましょう。マルチパーパスソリューションは一つの液で洗浄、すすぎ、保存、消毒が可能なケア用品です。この一つで全てを賄えるという簡単なイメージによって、日本で急速に広まりました。しかしあまりの簡単さによって自己流のケアをしてしまうことで、トラブルが発生するケースが報告されています。必ず正しい手順でケアを行いましょう。とはいえこの手軽さが売りというのも確かです。この1本で完結するため、他のケア用品を購入する必要がなく、物がかさばらないというのも嬉しいものです。

もう一つの過酸化水素による消毒方法ですが、これはコンタクトを過酸化水素の消毒液で満たしたケースにレンズを浸け、中和剤を入れるだけです。あとは一定時間が経過すればお手入れが終了します。そのためマルチパーパスソリューションと違って、手でこすり洗いをしなくても良いというメリットがありますが、レンズの汚れがひどい場合はその限りではありません。また中和剤を入れなかったり、中和が不完全な場合にはレンズ装着時に強い刺激を受けてしまったりする可能性があります。そのため正しい使い方をすることが大切です。

一覧はこちら

メダリストⅡが購入できる通販サイト比較ランキング

TOP