メダリストⅡが購入できる通販サイト比較関連情報

メダリストⅡがお得に購入出来る通販サイトを紹介初めてのコンタクトレンズで気を付けたいこと

最終更新日:2017/12/25

初めてのコンタクトレンズで気を付けたいこと

レンズのタイプをまずは知っておく

初めてコンタクトレンズを使おうという方はまず種類がいくつかあることを理解しなければなりません。最も気軽に使用することができるものがワンデータイプです。これは1日使用したら捨ててしまうもので、毎日新しいレンズを使用するというのが最も大きな特徴となります。このタイプはケア用品を使用して洗浄や殺菌をする必要がありません。ケアが面倒な方にとっては最も向いているタイプと言えるでしょう。デメリットとしては他のタイプに比べて割高になるという点が挙げられます。

ケア用品を使用するタイプでは1ウィークがあります。これは1週間単位で使い捨てる種類のレンズです。あまり雑菌が残らない状態で捨てるので、レンズ初心者の方で毎日ケアをしたい方はこのタイプもおすすめです。またもう少し長いタイプでは2ウィークがあります。これは2週間使用したら新しいレンズを使用するディスポタイプです。このタイプもケア用品を使用します。このタイプは1ウィークに比べてよりリーズナブルにレンズを使用できるというメリットがあります。さらに長期間使用できるタイプでは1ヶ月タイプなどもあります。

使い捨てタイプのレンズではないものでは一般のハードやソフトタイプがあります。毎日ケアをしたり、タンパク除去をする必要がありますが、長くリーズナブルに使用することができます。

レンズの選択ではコストとメリットを中心に比べていくことになります。まずは使い捨てタイプで練習をしてから検討するという方法がおすすめです。使い捨てタイプなら間違って紛失してしまっても安心です。

ケア用品についての注意点

初めてコンタクトレンズを購入する方は自分好みのタイプのレンズを選択しなければなりません。中でもソフトのレンズを購入する場合にはケア用品についても基本的な知識を持っておく必要があります。一般的に3種類のタイプに分かれます。まず多く使用されているのが洗浄や保存、殺菌といったことが1本で完結してしまうタイプです。ケア用品1本ですべてができるので非常に快適にレンズを使用していくことができます。ただこすり洗いをしっかりと行わなければなりません。こするという作業を行うことで洗浄がきちんと行われます。ですからこの作業はきちんと行わなければなりません。

殺菌作用が強いタイプとしては過酸化水素系のケア用品があります。これはこすり洗いが不要ですが、中には中和を行わないといけないタイプがあります。この場合中和をせずに目にレンズを装着してしまい、目を傷つけてしまうことがあります。レンズ初心者の方は特にこの間違いを冒さないように気を付けなければなりません。さらにヨードの持つ強い殺菌力を利用したケア用品もあります。このタイプも中和と消毒の両方をしなければなりません。

これに加えてレンズに付着するタンパクを除去するためにタンパク除去剤を購入しなければならないレンズもあります。1ヶ月タイプや一般のレンズを使用する際にはタンパク除去剤を使用して定期的に除去をしなければなりません。このようにケア用品は目の安全のために毎日必ずする必要があります。ケアが面倒な方は最初からワンデータイプを選択したほうが無難です。

レンズの装着の注意点

コンタクトレンズはメガネとは違って目に直接装用するものなので、間違った方法を繰り返し行っていると目の病気を引き起こしてしまうこともあるので気を付けなければなりません。初めてレンズを装用しないといけない場合には特に正しい方法で装用することが大切です。

まず装用する際についてですが、手を全体的に石鹸で洗う習慣を身に着けておきましょう。単に指先だけを洗うのではなく、手の全体を石鹸でしっかりと洗うことが大切です。また石鹸の泡が手に付着しないように毎回チェックするようにしましょう。きれいに洗浄した指先で優しくレンズをつまみ、そっとレンズを目の上に置くようにしましょう。慣れてくるとレンズの扱いが雑になってレンズに傷をつけてしまうことがあります。万が一レンズに欠けができた状態でレンズを目に装用すると目の表面に傷をつける恐れがあります。そのため必ずレンズを扱う時には優しく触れることを意識するようにします。

レンズを保管するケースについても毎日のお手入れが大切です。レンズを装着したら保存液を捨てて水道流水でケースやキャップの内側をしっかりとすすぎます。すすぎ終わったらケースを自然乾燥させます。

またレンズの洗浄が必要な場合しっかりとこすり洗いをしなければなりません。短時間で済ませてしまいがちですが、短時間でこすり洗いをすると汚れが残ってしまい、目に汚れが付着する恐れがあります。慣れてきても必ず時間をかけてこすり洗いをするよう習慣づけます。こういった点を使い始めた時から注意して実践すれば正しい方法を毎回繰り返すことができ、目の健康を維持していくことができます。

一覧はこちら

メダリストⅡが購入できる通販サイト比較ランキング

TOP